こんなにある!世界の名高いお酒の種類

知ってて当然!?お酒の種類

成人した大人の方であれば一度はお酒を飲んだことがあるのではないでしょうか?また、お酒を日頃から愛飲してる方も多いと思います。週末の楽しみとして飲む人、寝付けない時に飲む人、ストレス解消のために飲む人、人それぞれだと思いますが、ここではそのお酒の種類はどういったものがあるのか紹介したいと思います。
まず、お酒には大きく2つの種類があります。1つ目は醸造酒、もう1つは蒸留酒と呼ばれるものです。醸造酒というのは原料を発酵させて作るものでビールであったり、ワインであったりがこれに当たります。蒸留酒は醸造酒を蒸留してアルコール度数を高めたもので、ウイスキーやブランデーなどがそうです。その他、発泡酒やカクテルといったものもあります。大きく分けるとこのようになりますが、詳しく見ていくと本当に多くの種類があります。私はこれが好きだと言って1つのお酒しか飲まないのではなく、色々なお酒を楽しむことも良いでしょう。

あなたはどれが好き?世界のお酒

ここまで大きなお酒の分類を見ましたが、小さく分類するとどうなるのでしょう?
まず、醸造酒から。醸造酒にはビールやワインがあります。その中でも特にワインは品質などに差が大きく一本500円のものもあれば、100万円するものもあります。また、ワインの中には赤ワインや白ワインの違いもありますし、ワインだけでも色々なタイプのものがあると言えます。また、世界の地域だけで飲まれているようなお酒も醸造酒が多くなっています。このように醸造酒だけでも実に色々な種類があるのです。次に蒸留酒についてですが、蒸留酒にはウイスキーやブランデーの他にもジン、ウォッカ、テキーラ、焼酎などがあります。さらに、ウイスキーにもバーボンウイスキーやスコッチウイスキー、ブランデーにはコニャックやアルマニャックなどがあり、やはり蒸留酒にもかなりの数のお酒の種類があることがわかります。このようにここでは取り上げきれない程、お酒の種類は豊富です。そのため、皆さんも酒屋に足を運び、色々なお酒を試してみてはいかがでしょう?

© Copyright Kind Wine. All Rights Reserved.